ドライブレコーダーとEDRの違い

朝のニュースを何気なく見ていて気になったのが、EDR(運転記録装置)と言われるものが2022年7月から新車に搭載するように義務づけられるかもしれないというニュース

ドライブレコーダーのことかと思ったら、どうも違うらしい
というか、ドライブレコーダーは既に義務化が決定していたことも知りました

そもそもERDとドライブレコーダーの違いが今一つ不明だったので調べてみました

目次

EDRとドライブレコーダーの違い

EDRとドライブレコーダーは、目的が大きく違うようです

解りやすく比較表をつくってみました

ドライブレコーダー
EDR
(イベント・データ・レコーダー)
  • 社外の状況を確認できる
  • 位置情報が解る
  • 速度や時間を記録
  • ブレーキ・アクセルの利用
  • シートベルトの着用の有無
  • エアバックの作動状況

ぱっとみて解るように、

ドライブレコーダーは車の外の状況を把握するのをメインとしていますが、EDRは車の中の状況を確認するためにつけられます。

とくに大きな違いは、アクセルを踏んでいたのかブレーキを踏んでいたのかという部分
なぜ、ドライブレコーダーではなくEDRが義務化になるのか?不思議に思いますよね

EDR義務化は池袋の暴走事故が影響か

池袋の暴走事故で、2人の犠牲が出たことは多くの人が知っていることと思います

この事故の裁判では、EDRの記録が証拠として提出されています

しかしです

被告は、踏み間違いを認めず法廷闘争を行なっているのが現状です

自己が起こった時の判断材料の1つに

とはいえ、自己が起こってしまったときに本当はどうだったのか?

判断材料になると思うので、義務化は妥当だと思います

ドライブレコーダーは2022年5月、EDRは2022年7月に義務化が開始

EDRのことを調べていて知ったのは、ドライブレコーダーの義務化が来年には開始されるということ

ドライブレコーダーは新車のみ2022年5月から義務化が開始

とはいえ、全ての車に義務化される訳ではなく、2022年の5月から新車に対しての義務化です

しかも、バックカメラのみ(表現があいまいなので、もしかするとカメラでなくてもOKなのかも?)

今回の義務化は後退時車両直後確認装置(バックカメラ、検知システムまたはミラー)となっているため、駐車場などのバック時の事故を防ぐのが目的と考えられます

なので、前方のドライブレコーダーの義務化ではありません

後退時車両直後確認装置は事故防止が目的!

EDRは新車のみ2022年7月に義務化が開始予定

アクセルやブレーキの操作履歴が確認できるEDRは、2022年の7月に義務化が実施される予定

どこまで証拠能力が認められるのか?という点が気になるところです

EDRは、事故原因が何か?確認するためのもの!

まとめ

EDRって何?ってところから始めって、ドライブレコーダーとの違いについて調べました

すると、EDRだけが義務化される訳じゃなく、バックするときに確認できるようにバックカメラなどの義務化も決まっていたことを知りました。

知らなことばかりでしたが、少し勉強になりました

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA

目次
閉じる