地域共通クーポンの有効期限が短すぎて使い切る為にお土産物店が大混雑

先日土曜日に、フェリーの船着き場のお土産物屋にだけある干し梅を買うために行きました。

するとタイミングの悪いことに、ちょうど船が出る時間帯。

とはいえ、いつもはそんなに混雑することもないので気にせずに息子と一緒に建物の中に入りました。

すると今まで見たことのない行列が。。

目次

地域共通クーポンの有効期限が短すぎて使い切る為にお土産物屋が大混雑

私たち親子は500円の干し梅が欲しかっただけんだけど、見たことのない行列が出来ていたんです。

気船場のお土産物店に。

地域共通クーポンを片手にお土産を抱える人達

なぜこんなに行列が?と思ってよく見て見ると、並んでいる人たちは全員、地域共通クーポンを手にしてお土産を片手にどっさり。

ちょっと話を聞いてみました。

「クーポン今日までですよね?」

「そーなの!使い切らないと他で使えないから」

団体客で、おそらく船を降りるとバスに乗り、自由行動など出来ないと予想。
使うには今しかない!

見たことのない大行列になっていました。

地域共通クーポンは地方での利用は限界がある

ド田舎である地方での利用は限界があるよなぁと思った。

地域共通クーポン

だって、利用できる店舗がそもそも少ないから。

私の住む島でも、使えるのは数店舗。

使うとしたらお土産物店くらいしかない。

時間の余裕のある時に利用すべきだよね

みんな使い切らないと!って焦って、船や電車や新幹線や飛行機の時間ギリギリに
お土産物を買おうとする。

そうなると行列が出来る。

出来れば、宿泊日(使用期限の前日)に、計画的に利用してしまうべきだと思う

使用期限がもう少し猶予があればいいって思う

せめてもう1日。

チェックアウトの日に使い切らないといけないって。。
せめてもう1日あれば違うのになぁって

転売を阻止するための期限なんだろうけど、なんだかなぁって思う

売り上げは増えるが、対応は悪くなる

見ていて思うのは、普段からそこまで忙しくならないので、1人でお店の対応をしている年配女性。

完全にパニックに陥っている。

そして、並ぶお客さんは時間がせまりイライラ

悪循環です。

せっかく旅行に来てもらって、対応が悪くなり、観光地の印象がこれだけで悪くならないといいのにって思う。

お店も二人体制にすべきだよなー。
(難しいだろうけど)

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

目次
閉じる